2019年02月28日

山口広島ダイビングスクール

大島大橋 山口
 
福岡気象台は19日、山口県地方で春一番がふいたと発表しました。
立春から春分の南よりの強い風で、昨年より5日程、遅延しました。
 
各地でも3月から5月並みの陽気で、川面の雁木には鴨の群れが暖かそうに、時折「クイ  クイ」と可愛らしい声を出し、日向ぼっこをしています。
 
山口広島ダイビングスクール 周防大島ブログ日記ARC 
 
ARCの山口広島ダイビングスクール周防大島ブログ日記は、ダイビングと自然をテーマに、野山や海のシーンと生物逹、人との関わり合い諸々をご紹介します。
パークレンジャーARCは、瀬戸内海国立公園 環境省 海域公園指定の日本アワサンゴ群生地をガイドします。
 
シーボルトも生態観察に来島した山口周防大島へおいでませ 
 
広島 福岡 東吉から120分の環境省指定海域公園 日本アワサンゴ群生地


posted by arc-ocean at 20:01 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

山口広島ダイビングスクール

大島大橋 山口
 
昨年、外国船が橋に衝突して、断水と通行止めが続きましたが、完全復旧して新年を迎えています。
 
その間、多数の海仲間の皆さんよりご心配の便りや励ましのお声を頂き、誠にありがとう御座いました。
 
本年も宜しくお願いします。
 
 
山口広島ダイビングスクール 周防大島ブログ日記ARC 
 
ARCの山口広島ダイビングスクール周防大島ブログ日記は、ダイビングと自然をテーマに、野山や海のシーンと生物逹、人との関わり合い諸々をご紹介します。
パークレンジャーARCは、瀬戸内海国立公園 環境省 海域公園指定の日本アワサンゴ群生地をガイドします。
 
 
シーボルトも生態観察に来島した山口周防大島へおいでませ 
 
広島 福岡 東吉から120分の環境省指定海域公園 日本アワサンゴ群生地


posted by arc-ocean at 16:05 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

光市クサフグ産卵山口広島ダイビング

光市普賢祭りと総合公園バラ祭り
光市クサフグ産卵
 
光市室積の普賢寺寺で2日間、普賢祭りが行われています、初日は地域交流と社会学習とのいう事で、光市近辺の小学校は昼からお休みであり、お化け屋敷や沢山の路店も出ておりたいそう賑わっています。
 
一方の光市総合公園バラ祭りは、期間は少し長めで、品種名「ゴールデン」のバラは花ファンの目を楽しましてくれます。
 
光市普賢寺は北東に海を眺めて峨び山の麓にあり、門構えはかなり立派なたたずまいで、この半島の鼓ヶ浦へは以前、二年に渡り、ある海洋生物を見たさに、カメラを抱えて丘陵地の細い林道を山越えして行ったことがあります。
その生物群を見られる所は、日本では数カ所であり東北と、中国地方では光市と上関位と言われています。
その生物とはクサブグで普段は単体ではダイビング中でも目にしますが、大群となると見る事はありません。
同時期で言えばボラの大群も大島大橋の付け根の大畠瀬戸の海面で目的は不明ですが、潮待ちの為に集まる事はあります。
 
光市のクサフグの産卵は、5月下旬から6月中旬頃が最盛期で、偵察約の雄フグが異常の有無を確認後、雌フグが一挙に大群をなして小石混じりの砂浜に押し寄せ卵を産み付け、後から雄フグが放精するために、浜辺一帯はフグだらけと真っ白に成ります。
 
風物詩でもあるその状況は、チャンスは、年一回の夕方前の大潮頃です、人が騒いだりすれば当然、偵察のフグに見られてしまい、産卵上陸はスルーして致しませから、ローカルールを守り生態系の営みを壊さないよう、自然観察をしましょう。
山口広島ダイビングスクール 周防大島ブログ日記ARC、山口広島ダイビングスクールARC 周防大島ブログ日記は、ダイビングと自然をテーマに、野山や海のシーンと生物逹、人との関わり合い諸々をご紹介します。
 
パークレンジャーARCは、瀬戸内海国立公園 環境省 海域公園指定の日本アワサンゴ群生地をガイドします。
 
シーボルトも生態観察に来島した山口周防大島へおいでませ、広島廿日市周南岩国下松柳井大竹光市60分の環境省指定海域公園 日本アワサンゴ群生地
 


posted by arc-ocean at 16:15 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

岩国ベースャンプダイビング山口広島

岩国ベースキャンプフレンドシップデー
 
 岩国航空基地フレンドシップデーのイベントが岩国市で行われ、岩国在住の家族連れや岩国外の航空ファンなど21万5千人が空を仰ぎ、叉、岩国の米兵さんと日米しんこうをあたためました。
 
同日は普段入れない岩国基地内でまじかで目にすことも無い、ステルス戦闘機も見学でき、音とスピードなど迫力満点な航空シヨーを満喫しました。
 どうりで前日、何時も同じダイビングエリアで海を楽しむ多数の外人ダイバーさんの姿が見え無い理由が分かった。
人が動くイベントの準備、特にシークレットを求められる内容もあるから、親善イベントとは言え、観覧側は楽しいけど、主催者側は本当に大変だと思いました。
 
以前、知り合いの外人ダイバーさんと基地内でピザパーティをしたおり、男性お手洗いに立った時、その便器の大きさに驚いた事を思い出しました。
 
山口広島ダイビングスクール 周防大島ブログ日記ARC、山口広島ダイビングスクールARC 周防大島ブログ日記は、ダイビングと自然をテーマに、野山や海のシーンと生物逹、人との関わり合い諸々をご紹介します。
 
パークレンジャーARCは、瀬戸内海国立公園 環境省 海域公園指定の日本アワサンゴ群生地をガイドします。
 
シーボルトも生態観察に来島した山口周防大島へおいでませ、広島廿日市周南岩国下松柳井大竹光市60分の環境省指定海域公園 日本アワサンゴ群生地
 
 


posted by arc-ocean at 22:26 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

周南市ZOO 山口広島ARC

周南市徳山動物園
 周南市ZOOに新メンバー三種類の四頭が仲間入りし、愛称が決まりました。
ハリネズミのモモとヨッバ、ジャコウネコはヒナタ、ワニのニコです。
 
ひなたの正規名は「ビンドローグ」と言い、ジャコウネコ科で普段は樹木上暮らしで、高知県の動物園から来たもの、姿はネコとタヌキの真ん中と言った臆病そうな感じです。
夜行性だから会うのが難しいかも知れませんね。
 
ニコは「ニシアフリカコガタワニ」で、小さい割りにはギョロ目で根性がありそうです。
 海洋生物も良いけど、年間フリーパス券でゆっくり周南ZOO巡リも、素晴らしいですね。
 
周南動物園には、見たい生物のナンバーワンのペンギン(フンボルト)もいます。
それから周南ZOOの楽しい歌も配信されています。
 
山口広島ダイビングスクール 周防大島ブログ日記ARC 
 
山口広島ダイビングスクールARC 周防大島ブログ日記は、ダイビングと自然をテーマに、野山や海のシーンと生物逹、人との関わり合い諸々をご紹介します。
パークレンジャーARCは、瀬戸内海国立公園 環境省 海域公園指定の日本アワサンゴ群生地をガイドします。
 
シーボルトも生態観察に来島した山口周防大島へおいでませ 
 
広島廿日市周南岩国下松柳井大竹光市60分の環境省指定海域公園 日本アワサンゴ群生地
 
 


posted by arc-ocean at 10:37 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

山口広島廿日市岩国周南下松柳井大竹ダイビング

広島平和公園南
 
山口広島ダイビングスクール 周防大島ブログ日記ARC 
 
山口広島ダイビングスクールARC 周防大島ブログ日記は、ダイビングと自然をテーマに、野山や海のシーンと生物逹、人との関わり合い諸々をご紹介します。
パークレンジャーARCは、瀬戸内海国立公園 環境省 海域公園指定の日本アワサンゴ群生地をガイドします。
 
シーボルトも生態観察に来島した山口周防大島へおいでませ 
 
広島廿日市周南岩国下松柳井大竹光市直近の環境省指定海域公園 日本アワサンゴ群生地
 
桜吹雪から黄砂へ自然が移り変わり、ゆっくり時間が過ぎる島暮らしです。
 
未だ大島大橋が架かっていない頃の時節と言えば、小松港から瀬戸(現大橋付近)に掛けて、砂利道の県道沿い両脇には約二キロ余りに渡り、桜の木がアーチのトンネル状態に見られ、その中を大島から離れる方、来島される方が行き交う悲喜こもごもの時節でした。
 
叉、古からの道標と成っていた小松港近くの大木「入道雲松」の見られた丘陵地には、桜の名所で知られていた小松公園があり、満開時期とも成れば夕方便の国鉄連絡船は、近辺から来島する夜桜見物団体客で満杯で、夜遅くまで「大島音ど」が響き渡り、たいそう賑わっていました。
結構、以前は自然や風物、人のつながりを大事にしていたように感じます。
叉、お酒に飲まれ喧嘩や、割れた一升瓶も転がっていました。
 
ダイバーの皆さん、ゴールデンウィークのプラン、準備は大丈夫ですか?
 
「準備七割、海三割」、ルールを守り安全に海を楽しんで下さいね。
 
 


posted by arc-ocean at 23:17 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする