2019年09月02日

山口広島

山口 広島 周南 下松 光市 柳井 岩国 大竹 廿日市の海
 
数日間にわたり九州佐賀県大町一帯と西日本広エリアで、線上降水帯と記録的長時間の豪雨がありました。
 
これにより、新幹線や航空海路などのライフラインの途絶や、浸水孤立、仕事や住民の通常生活への支障、特に油流出事故の河川から海への被害拡大は、自然破壊をもたらす様相も呈しています。
 
風雨など気象状態の変化があれば、気象情報と併せて非難情報「一階から上層階へ、山側から離れた場所へ非難…」が呼びかけられます。
 
結果として罹災者の「今までウン十年住んでいるが…今回が初めての経験」、と言われるのも再三、耳にします。
 
当たり前な事ですが、海洋生物達には、気象情報や救助も無く、応急災害復旧も受けられません。
 
常に危険と背中合わせの彼らは、自ら危険を察知して安全な場所へ即、非難する術を知っています。
 
風が出て波浪となり、海中から地上の風波の音を聞き分け、うねりによる海底の砂の巻き上げによる白濁から、しけや台風の接近を感じて影響の少ない深場や岩陰へ非難します。
普段から生きる為とは言え、食物として海洋生物の命を頂く人間が、これ以上、人の対応不足や不始末により、重ねて彼らの生命を脅かし奪うような殺生は、厳に慎むべきと思います。
 
人は、海洋生物から生きる術を学ぶべきとも言えます。
 
蝉から鈴虫やコオロギの鳴き声に変わるベストシーズン「秋のダイビング」の到来です。
夏にやり残した海との関わり合いに、チャレンジしましょう。
 


posted by arc-ocean at 19:57 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

山口広島岩国周南下松光市大竹廿日市の海

山口周防大島ダイビング
 
山口の梅雨明けが平年より5日、昨年より15日遅く、七月二十四日に発表され、短い暑い夏の始まり始まりです。
 
周防大島の山々や海の近くの木立では、熊蝉が短い夏の分まで鳴き競っています。
 
清涼を求めて海水浴や小旅行をご予定の皆さん、この夏こそ余裕のプランでお出掛け先の地元民に歓迎される行動をしましょう。
 
良く聞き目にもする、ゴミのポイ捨て、迷惑駐車や大騒ぎ、お手洗い事の不始末、諸々のルールを守らない無茶ぶりなど…。
 
最終的に後始末を余儀なくされる行政、地区住民の立場をご理解ご協力下さい。
 
以前、沖縄のお土産屋さんが「ゴミ・騒ぐ・渋滞・ルール無視のゲストは来て欲しくない、地元にマイナス」と、本音をテレビで話しておられました。
 
地元の業者さんがこの立場だから、そこに住む一般住民の皆さんが、旅人へどれほどのアレルギーがあるかは想像出来ます。
 
ゲストを迎える立場でもこの有り様だから、最低限のルールを守らない旅人は、行く先々では歓迎されてない事を知り自覚すべきでしょうね。
 
何も言われた事が無いから大丈夫では…、と勘違いしない事です。
 
元々、言わなくとも歓迎されていないのです。
そうなるとルールを守る真面目な方々は、嫌な想いをするでしょうね…。
でも何十年も地元民は我慢の連続で、今年の夏も我慢するでしょうから、ご一緒に…。
 
海に近く、海を最も良く知る位置にあるダイバーの皆さん、ダイビングスクールで海を利用する上でのダイビングルールを教わった筈です、叉、各地のローカルルールが有りそれに従う事がトラブルも無く安全に楽しくダイビング出来る事も、守っいていますか?
見て見ぬふりをしていませんか?
それで楽しいですか?
 
活動主催者が「大丈夫とか 言われた事無し」を信じて危ない橋を渡り、それを担保にしていませんか?
 
ダイビングサービス兼漁師さんが、「サザエを採って良いと」言われてもスクーバダイビングでばルール違反、「大丈夫と言われたから、ルール違反と知らなかった」は個人の言い訳に過ぎません。
 
ご自身でルールを確認して守り抜けば、地元民はきっと理解してくれますよ。
余計な事で悩むより、地元民と一緒に海を守りダイビングを楽しみましょう。
 


posted by arc-ocean at 13:18 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

山口広島

山口 広島ボートダイビング
 
山口周防大島の山々では、緑色でワンコイン程の真ん丸な「みかん」の果実がたわわに実り、潮風と供に柑橘系の香りを島中に漂わしています。
 
梅雨の合間、好天気に恵まれ周防大島海域公園の日本アワサンゴのダイビングポイントへ出掛けました。
 
参加メンバーは、山口 広島 岩国のダイバーさん達で、ダイビングサービス「ペンギンハウス」の新瞬足船を操る三村キャプテン(ニックネーム ゴルゴサーティン)の潮づくりで数分後にはシラガイソタイビングポイントへ楽チン到着しました。
勿論、ガイドは地元パークレンジャARCで、「海域公園利用ルール」を守り、ダイビングを満喫しました。
 
これからダイビングをご検討の皆さん、梅雨明け宣言は中旬頃ではと言われ、開けると同時にダイビングトップシーズンに突入します。
今がお申し込みのチャンスです。
 
 


posted by arc-ocean at 19:54 | Comment(0) | ダイビングブログ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする